医院のご紹介
自費治療について
健康な歯のために
子どもの虫歯について
妊娠・授乳中の方へ
ワンポイントアドバイス・バックナンバー
妊娠・授乳中の方へ

妊娠中や授乳中の方のなかに、お口の問題を抱えておられる方が多くいらっしゃいます。
妊娠中に歯が痛むなどの歯科治療を受けられたい方や出産後授乳期のお母さんなどへのアドバイスを、解りやすくお伝えいたします。

出産に向けての健康管理と、これから生まれてくる大切な命のため。
そして生まれてきた大切なわが子のために、このページをお役立てください。

妊娠中の方へ

お口の病気は早期発見・早期治療が基本です。
母子手帳には歯の検診結果を記入する欄がありますので、自覚症状がなくても歯科医院で歯科検診を受けられることをお勧めします。

出産前の大事な時に、妊娠前に治療を始めた虫歯や親知らずが痛み出すことがあります。
妊娠安定期にはお口に異常が無くても歯科医院で歯科検診を受け、出産に備えましょう。

※歯周病菌などの炎症物質は早産・低体重児出産の危険リスクを高めますので、妊娠前からの定期的な歯科検診をお勧めしています。

 妊娠中の歯科治療について

妊娠中のイメージ

歯科治療を受けられるときには、歯科医院へ必ず妊娠していることをお伝えください。また、妊娠の可能性のある方も同様です。
治療に使用する麻酔やお薬などをより安全なものに替えるとともに、母体や胎児に優しい治療を行います。

歯科治療を受けられるには、比較的安定している妊娠中期(5~7ヵ月)がよいと思われます。
PMTC(口腔内クリーニング)は口腔内を清潔にしますので、つわりがない時でしたらよいでしょう。

また治療時の姿勢については、チェア(診察台)は通常水平に寝かせた状態で治療しますが、妊娠時には起こした状態から少しだけ寝かせて治療を行いますので、ご安心ください。

 妊娠中のレントゲン撮影について

歯科用レントゲン撮影は撮影する場所が性腺・子宮から離れており、胎児への放射線の影響はほとんどないと考えられます。
妊娠されている患者さんへのレントゲン撮影は、必要最小限にとどめています。

歯科用レントゲン

飛行機で成田-ニューヨーク間を飛行中に浴びる放射線量が、医療用レントゲンを100枚撮影したときの被ばく量と同じということをご存知ですか。

特に当医院で使用している歯科用レントゲンのX線被爆量は従来の1/10に軽減されており、さらに防護用エプロンを使用しますので安心です。

 妊娠中の麻酔やお薬について

妊娠中の麻酔や外科的処置は、最小限にとどめたいところです。しかし急性で重症化が懸念される場合、局所麻酔の使用が必要となる場合があります。

歯科医院で使用される局所麻酔薬は、通常の使用量で催奇形性が認められるものはなく、無痛分娩にも使用される量よりもはるかに少ないので、胎児への影響は少なく安全に使用できます。

薬服用のイメージ

服薬については、やむを得ない場合のみ使用し、量や使用期間を考慮し妊娠中や授乳中でも安全に使用できる抗生物質・消炎鎮痛剤を用います。

したがって以前歯科医院でもらっていた痛み止めなどの薬は、絶対に使用しないでください。
また、市販の薬を服用するときには、必ず注意書きをよく読んで安全を確かめたうえでご使用ください。

妊娠中にお口に関して何か症状が現れたときには、早めに当医院へご相談ください。
母体の健康と、これから生まれる大切な命のために....。

 妊娠中の歯みがきについて

妊娠中は食事や間食の回数が増加するとともに、つわりなどのため歯みがきを疎かにしやすく虫歯や歯肉炎・歯周病になりやすい状況にあります。

口腔内環境が悪化していると、出産後お母さんの口の中の細菌が赤ちゃんへ感染するリスクも高まります。

歯みがきのイメージ

虫歯や歯周病などの主な原因は虫歯治療歯周病治療のページでもご紹介しているように、細菌の塊「プラーク」です。
歯みがきでこのプラークを除去できなければ、虫歯・歯肉炎・歯周病になりやすくなります。

つわりがひどく歯ブラシでブラッシングできない時には、マウスウオッシュやキシリトール入り(100%が理想です)のガムを使用することをお勧めします。

できるだけお口の中を清潔に保つよう心がけてください。
キシリトール100%入りガムは当医院で販売しておりますので、お問い合わせください。

授乳中の方へ
 授乳中の歯科治療について

「妊娠中の歯科治療について」にもご紹介しておりますが、この時期に歯科治療を受けられるときには、歯科医院へ必ず授乳中であることをお伝えください。
母乳で育児されているお母さんへ投薬が必要なケースもありますので、治療を受ける際には母子手帳を提示し、産婦人科医からの注意事項は必ず歯科医師にお伝えください。

授乳中のイメージ

出産後にはレントゲン撮影や治療のための麻酔使用など、一般的な歯科治療が可能になります。

しかし、代謝機能が未成熟な生後3ヶ月ぐらいまでの乳児に授乳されている場合は、妊娠中と同様な対応が望ましいとされています。

 授乳中の麻酔やお薬について

一般的な歯科治療に使用する麻酔薬は、「局所麻酔」のみです。
作用が全身に広がることはなく作用時間も短いため、母乳への影響はないといわれています。

大半の薬は服用後、約2時間をピークとして母乳中へわずかに移行しますが、5~6時間を過ぎれば、母乳への影響はほとんど問題ないと考えられています。
生後3ヶ月を過ぎますと代謝機能もしっかりとしてきますので、薬の種類によっては授乳中における薬の影響はまず心配ないと思われます。

授乳期での薬使用が気になる方は、治療や薬の服用前に授乳をすませるか、あらかじめ搾乳しておいた母乳や一時的に粉ミルクに変えて与えてください。

 授乳中の歯みがきについて

生まれてすぐの赤ちゃんのお口は、口腔内細菌が無くとても清潔に保たれています。
しかし、赤ちゃんが成長するに伴い口にするものが増えてくると、徐々に細菌が赤ちゃんのお口の中に侵入してきます。

また、お母さんがご自分のお口の中で離乳食を冷まして赤ちゃんに与えていると、お母さんのお口の中の細菌が赤ちゃんへ移る「垂直感染」(親子感染)が起こります。

お母さんとお子様との愛情いっぱいのスキンシップは、とても大事なことです。
現在授乳中のお母さんも、すぐに離乳食を与えることになります。その時のためにも、授乳中のころから正しい歯みがきをしっかり行うとともに、生活習慣を見直しご自分のお口の中を清潔に保つように心がけてください。

PMTCのイメージ

妊娠中や妊娠以前に歯科治療を受けられた方は、この時期に歯科医院でメンテナンス(プロフェショナル・チェック)を受けられることをお勧めします。

メンテナンスでは口腔内診査やスケーリング(歯石の除去)、PMTC(口腔内クリーニング)などを行い、治療部位の再発予防や新たな病気を早期に発見させることができます。
そのうえこのメンテナンスを行うことで、お口の中をネバネバ感のないスッキリとした爽快な気分にさせてくれます。

お口の中の細菌が赤ちゃんへ移る垂直感染を防ぐ意味からも、この時期ご主人とご一緒に歯科検診を受けられたはいかがでしょう。
これからすくすくと成長して行くお子様のためにも、今からお口の中の健康維持について考えてみませんか。

 食生活を見直し、虫歯予防を!

食事と脱灰、再石灰化の関係グラフ

お口の中は普段中性(ph7)に保たれています。
しかし、食事をするとお口の中が酸性に傾き、食べ物のカスをエサにする虫歯菌の活動が活発になり、より酸性度が高まります。
その結果、カルシウムを含むミネラルが溶け出します。

食事をすると唾液の中の緩衝能という能力が、お口の中を時間とともに酸性から中性に戻してくれます。

お口の中が中性に戻ったとき、歯は唾液に含まれるカルシウムを再度取り込んで再生しようとします。
これが歯の再石灰化といわれているものです。

悪い食習慣のイメージ

しかし、ダラダラとおやつやジュースを取り続ければお口の中は酸性の状態が多くなり、いつまでも中和されず虫歯になりやすい環境が続くことになります。

虫歯のリスクを減らすには、一人ひとりの生活習慣を見直すことから始まります。

  おおしま歯科医院

  おおしま歯科医院
  倉敷市玉島阿賀崎1-3-5
  TEL.086-522-3471

  【診療科目】
  一般歯科・小児歯科
  【診療時間】
  平日 9:00~12:30 14:30~19:00
  土曜 9:00~12:30 14:30~17:00
  【休診】
  日曜・祝日・木曜午後

  当医院は予約制で診療を行なっております。
  ただし初診、急患の方は随時受付しております。