医院のご紹介
自費治療について
健康な歯のために
子どもの虫歯について
妊娠・授乳中の方へ
ワンポイントアドバイス・バックナンバー
子どもの虫歯
 乳歯の虫歯

乳歯は生後6ヶ月頃から生え始め、2歳半から3歳頃までに乳歯列が生え揃います。
その乳歯には永久歯が生えてくる場所を確保する大切な役目があり、虫歯などで早期に乳歯を失うと、将来生えてくる永久歯の歯並びに悪影響を及ぼします。

離乳食イメージ

乳歯が生える頃は母乳を卒業してミルクと離乳食の混合時期ですので、食事の後はお母さんがしっかりと歯磨きを行ってお口の中を清潔に保つようにしてください。
お子様にとって噛むことは下顔面の正しい成長を促す重要な役割を果たしていますので、永久歯が正しく生えるように乳歯を虫歯で失わないためにも、歯磨きは必ず実践しましょう。
もし虫歯になってしまったら放置せず、早目に歯科医院で治療を受けることが大切です。

【離乳食を与えるお母さんへのアドバイス】

生まれてすぐの赤ちゃんのお口は、口腔内細菌が無くとても清潔に保たれています。
しかし、赤ちゃんが成長するに伴い口にするものが増えてくると、徐々に細菌が赤ちゃんのお口の中に侵入してきます。
また、お母さんがご自分のお口の中で離乳食を冷まして赤ちゃんに与えていると、お母さんのお口の中の細菌が赤ちゃんへ移る「垂直感染」(親子感染)が起こります。

お母さんとお子様との愛情いっぱいのスキンシップは、とても大事なことです。
離乳食を与える時期のお母さんは、お子様の歯磨きをしっかり行うとともに、ご自分のお口の中も清潔に保つように心がけてください。

 生え替わった永久歯の虫歯

乳歯から生え替わった頃の永久歯は歯の質が弱く、「幼若永久歯」といわれています。
生えたての永久歯はお口の中で時間をかけて成熟していきますので、この時期特に虫歯にかかりやすく注意が必要です。

仕上げ磨き

この時期の虫歯予防としては、歯科医院でのフッ素塗布と毎日の正しい歯磨きです。
お子様への仕上げ磨きについては、永久歯に生え替わるころが一番重要です。
6~7歳頃までは1日1回、小学校高学年までは週1回程度行ってください。

虫歯になる要因の一つとして、成人の場合と同じく「生活習慣」が考えられます。
※詳しくは次項目の「食生活を見直し、虫歯予防を!」をご覧ください。

お口の中は普段中性に保たれており、食後は酸性に傾きますが食べる時間を空けることで唾液が中性に戻してくれます。

子どもの食事イメージ

不規則な食生活で3食の食事がしっかりと取ることができず、お菓子やジュースばかりダラダラと取り続けると、いつまでもお口の中が中和されることなく酸性の状態が多くなり、虫歯の危険度が高まります。

虫歯になると食べ物がうまく噛めないばかりか、軟らかい物を好むようになり顎の発達にも影響します。
永久歯に生え替わった頃から、しっかりとした歯で食べ物をよく噛んで食事することにより、下顔面の成長を促しお子様本来の正しい顔を育成します。

乳歯から永久歯に生えかわった数年間は、歯並びを始め顔の正しい成長にも影響してお子様の一生を左右すると言っても過言ではありません。
将来ある大切なお子様のために、正しい歯磨き正しい生活習慣、そして不良習癖から発生する顔の変形を予防するため正しい姿勢にも注意を払ってください。

フッ素塗布や口腔内クリーニング、またご希望されれば正しい歯磨きの指導も行いますので、お子様の歯についてはお気軽に当医院までご相談ください。

 食生活を見直し、虫歯予防を!

食事と脱灰、再石灰化の関係グラフ

お口の中は普段中性(ph7)に保たれています。
しかし、食事をするとお口の中が酸性に傾き、食べ物のカスをエサにする虫歯菌の活動が活発になりより酸性度が高まります。
その結果、カルシウムを含むミネラルが溶け出します。

食事をすると唾液の中の緩衝能という能力が、お口の中を時間とともに酸性から中性に戻してくれます。

お口の中が中性に戻ったとき、歯は唾液に含まれるカルシウムを再度取り込んで再生しようとします。
これが歯の再石灰化といわれているものです。

悪い食習慣のイメージ

しかし、ダラダラとおやつやジュースを取り続ければお口の中は酸性の状態が多くなり、いつまでも中和されず虫歯になりやすい環境が続くことになります。

虫歯のリスクを減らすには、一人ひとりの生活習慣を見直すことから始まります。

生活習慣の基礎は、子どものころに自然と身につくものです。
大人になるにつれ環境やし好の変化も表れてきて一概には言えませんが、基本的な部分は子どもの頃の生活習慣によって築かれています。

小児期にインプットされた食行動や生活習慣は、お口の病気だけでなく子どもたち一生を通しての健康に大きく影響を与えます。

 シーラント処置について

奥歯の溝は、食べカスやバイ菌がたまりやすいうえに歯ブラシが届きにくいので、虫歯の原因となりやすい場所です。

シーラント処置例

シーラント処置とは、子どもの奥歯(永久歯)の溝を専用の樹脂であらかじめ埋めてコーティングすることで虫歯を予防するものです。
子どもの歯磨きでは奥歯が十分に磨けていないことが多いので、奥歯の虫歯予防には効果的です。

シーラントは虫歯を完全に予防するものではありません。
歯と歯の間や生え際には処置できませんので、しっかりした歯磨きの管理が必要です。
特に生えかわりのころは虫歯になりやすいので、いつ頃シーラント処置をすれば良いかは、当医院へご相談ください。

※シーラント処置は、保険で行えます。

 フッ素塗布について

フッ素は歯のエナメル質に浸透して、歯の質を強くして虫歯になりにくくします。
統計的にフッ素による虫歯の抑制は30%前後という報告があり、フッ素塗布は萌出途中の歯や生えてすぐの歯に特に有効です。

【フッ素塗布の進め方】

  1. ブラッシング指導と生活習慣のチェック。
  2. 歯についている汚れの除去。
  3. フッ素入りのジェルをスポンジ状のトレーに入れ、5分間浸します。
  4. 5分経ったらトレーを取り出し、フッ素塗布が終了です。

使用するフッ素の種類により異なりますが、1年に2~4回程度の塗布が効果的です。
フッ素塗布はあくまでも予防的なものですので、日常の歯磨きをしっかり行い、また偏食にも注意しましょう。
新しい歯が生えてきましたら、当医院へご相談ください。

※フッ素塗布1回:¥1,080(保険適用外)

  おおしま歯科医院

  おおしま歯科医院
  倉敷市玉島阿賀崎1-3-5
  TEL.086-522-3471

  【診療科目】
  一般歯科・小児歯科
  【診療時間】
  平日 9:00~12:30 14:30~19:00
  土曜 9:00~12:30 14:30~17:00
  【休診】
  日曜・祝日・木曜午後

  当医院は予約制で診療を行なっております。
  ただし初診、急患の方は随時受付しております。