医院のご紹介
自費治療について
健康な歯のために
子どもの虫歯について
妊娠・授乳中の方へ
ワンポイントアドバイス・バックナンバー
入れ歯治療とケア
入れ歯治療について

虫歯や歯周病の治療中「歯を抜いて義歯にするしか方法がない」と歯科医師からいわれると、どの患者さんも一様に戸惑いを隠せません。

しかし、患者さんにピッタリ合った義歯ができ上がると食べ物がよく噛めることで食事が楽しくなり、人前で口を開いて笑ううこともできるようになり、治療前と違って健康的で若返って見えるようになります。
入れ歯治療により、いい義歯にめぐり合うことは、食べ物を噛む機能を回復させ、人とよく話し笑うことでストレスからも開放されるなど、以前にもまして健康や自信を取り戻すことができます。

いい入れ歯」とはどのようなものでしょうか?

患者さん一人ひとりのお口や症状に合わせて、ぴったりフィットした入れ歯であることは言うまでもありませんが、特に重要な点としては、
機能的にしっかり食べ物が噛めること。
しっかりと話ができること。
の2点に集約されます。

歯の大きさ、歯並び、歯ぐきの状態、顎の形などとともに、治療して入れ歯にする部位や種類も患者さん一人ひとりで異なります。
どんな入れ歯でも噛み合わせがよくないと楽しく食事することもできませんし、発音がおかしくなることもあります。
特に入れ歯を入れた後、噛み合わせ調整がよくないまま我慢していると、肩こりや頭痛、腰痛などの全身症状が現れてくることもあります。

入れ歯治療の際は担当医師とよくコミュニケーションをとり、納得いく調整を行なってください。
あなたもいい入れ歯に出会うことで、以前にもまして楽しく健康的な日常生活をお過ごしください。

ブリッジについて

ブリッジの説明

固定式の入れ歯で、1~2本の歯を補うときに使用します。
欠損歯の両側にある歯を支えにして、橋を架けるように人工歯をはめ込む技術です。
支えとなる両側の健康な歯を少し削り、その削った歯に歯科用セメントでクラウンを接着します。治療後、義歯を取り外すことはできません。

有床義歯

有床義歯とは、義歯床と呼ばれる床部分がついている義歯のことで、その床部分で歯ぐき(歯槽骨)を挟み安定させます。
この有床義歯は「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けることができます。

【部分入れ歯】

部分入れ歯イメージ

取り外し式の入れ歯で、補う歯が2~3本以上のときに使用します。
補う歯が1本でもそれが一番奥にあり、ブリッジで固定できないときにも使用します。

【総入れ歯】

総入れ歯イメージ

取り外し式の入れ歯で、すべての歯が義歯になるときに使用します。
残っている歯を利用できる部分入れ歯と違い、総入れ歯ではもう支えとなる歯がありません。
頼りの床が、歯ぐきや口蓋の粘膜にぴったり吸い付いて顎にくっつきます。
総入れ歯は正確に顎の形を写し取り、患者さん一人ひとりに合った歯や歯並びのデザインを考慮し、噛み合わせを調整しながらつくります。

入れ歯への不満について

入れ歯について、次のようなご不満を耳にすることがあります。

  • 入れ歯では物がよく噛めない。
  • 食べ物の味が分からない。
  • 入れ歯が安定しない。
  • 入れ歯をすると話しにくい。
  • 口の中が渇きやすい。
  • 入れ歯をすると舌触りが悪い。
  • 見た目が気に入らない。など

これらの不満は一昔前なら諦めるしかありませんでしたが今日ではさまざまな素材が開発され、これらの不満を解消した「いい入れ歯」の製作が可能となりました。

インプラントを利用した総入れ歯について

インプラントを利用した総入れ歯

総入れ歯は入れ歯を支える歯がないため、使用中に違和感を感じることがありました。
今日では、総入れ歯を支える目的で数本のインプラントを顎に埋め込み、しっかりと安定させることが可能です。
総入れ歯だけでなく入れ歯の金属フックが気になる方には、インプラントと磁石を利用して吸着させることもできますので、口元をきれいに見せることができます。

インプラントについては、こちらのページをご覧ください。 >>

ご使用中の入れ歯にご不満がある方は、ご遠慮なく当医院へご相談ください。

治療用義歯について

歯の噛み合わせの狂いなどから、正中(顎や顔の左右のバランス) がズレていることがあります。
正中を一度で直すことは無理ですので、治療用義歯を使用して噛み合わせを徐々に修正しながら治療を続けることになります。
よりお口にフィットした入れ歯を製作する場合は、この治療用義歯を使用しながら噛み合わせをしっかりと行い、噛み合わせが安定した時点で最終的な入れ歯(義歯)をつくります。

このように治療用義歯は正中のズレを矯正するために使用したり、一人ひとりのお口にフィットした入れ歯(義歯)を製作するために使用します。
この治療用義歯は、保険が適応されない自費治療となりますので、詳しくは当医院までご相談ください。

なお、費用の目安として「入れ歯(義歯)治療における料金」もしくは、当サイトの「自費治療について」をご覧ください。

入れ歯治療後のケアについて

ご自分のお口にフィットしたいい入れ歯ができあがれば、食べ物がよく噛めることで食事が楽しくなり、人前で口を開いて笑ううこともでき、治療前と違って健康的で若返って見えるようになります。

その大切な入れ歯をいつまでも愛用するには、入れ歯とともにお口の中のケアも大変重要です。

 健康な歯を守り、入れ歯を清潔に保つことの重要性

治療が終わりご自分にピッタリ合った入れ歯ができあがりましたら、その入れ歯を末永くご使用いただくためにお口の中を健康な状態に保つことが大切です。

ブリッジや部分入れ歯をされた方は、支えている歯がダメになればフィットしている入れ歯も使用できなくなります。
ご自分のお口に合った正しい歯みがき(ブラッシング)を、歯科医師や歯科衛生士からマスターしてください。

取り外しができる部分入れ歯や総入れ歯は、入れ歯本体を清潔に保つことも必要です。
毎日入れ歯専用の洗浄剤を使用するのは経済的にも大変です。
通常は中性洗剤で洗い、週に1~2回専用の洗浄剤を使用すればいいでしょう。

何より、毎日入れ歯を洗って清潔にすることが大切です。

 骨を老化させない努力

どんなにいい入れ歯をしていてもカルシウムの不足から骨が老化したり歯槽骨が細くなると、ぴったりフィットしなくなり違和感を感じるようになります。
食事で摂取する栄養バランスにも気をつけて、ご自分の生活習慣を見直し、骨を丈夫にする努力が必要です。

 調整や修理で末永く

入れ歯は取り扱い方によって、割れたり壊れることがあります。
また、長い間使用されていると噛み合せが悪くなり、ガタつくこともあります。

そんなときには入れ歯を調整したり、修理することができますので、違和感を感じたり、痛みがあれば我慢せず歯科医院へご相談ください。

 歯科医院での定期的な検診とメンテナンス

歯科検診のお勧めイメージ

入れ歯治療後のケアで大切なことはご自宅で毎日の正しい歯みがきはもちろんのこと、お口の健康状態をチェックするためにも、1~3ヵ月に一度は歯科医院で定期的に検診やメンテナンスしてもらうことをお勧めいたします。
(検診・メンテナンスは、散髪代1回分程度で行なえます。)

歯科検診では正しい歯みがきが行なわれているかどうかのチェックをはじめ、歯周病や虫歯など口腔内の病気も早期に発見することができます。
そのことで残っている大切な歯を健康に保つとともに、入れ歯の調整や修理を行ないながら末永く使用することで、楽しく充実した毎日がお過ごしいただけます。

 高齢者における入れ歯の重要性

明るい高齢のご夫婦イメージ

高齢者にとってご自分に合った入れ歯を使用することは、おいしく味わって食事することで気力を回復させ、食べ物をよく噛むことにより認知症を予防する以外にも、噛み合せることによる足腰の機能回復にも役立ちます。
噛み合せによりご自身の意欲が向上することで、何事にも前向きになり、顔つきまでも改善されることがあります。

このことから、いつまでもご自分の歯でよく噛んで食事ができるということは、人としてとても大切なことだと実感されます。
たとえご自分の歯が無くなっても、いい入れ歯をすることで噛む機能と噛み締めるという機能を共に補うことで、元気で長生きするためのエネルギーがもたらされると思います。

ご高齢の方への入れ歯に関しては、当医院までお気軽にご相談ください。

  おおしま歯科医院

  おおしま歯科医院
  倉敷市玉島阿賀崎1-3-5
  TEL.086-522-3471

  【診療科目】
  一般歯科・小児歯科
  【診療時間】
  平日 9:00~12:30 14:30~19:00
  土曜 9:00~12:30 14:30~17:00
  【休診】
  日曜・祝日・木曜午後

  当医院は予約制で診療を行なっております。
  ただし初診、急患の方は随時受付しております。